残念な事に

やはり駄目のようです。かわいい雛どころか親の姿も見る事が出来ません。

最後に姿を見たのは、事件の有った日曜日。
雛の水浴びを期待していましたが、雛は餌を受けたときの一瞬の出会いでした。
雌親は雄親から餌を受け取り下処理しながら雛を呼びますが雛は姿を現しません。
通常は雛に餌を渡した後、親は姿を消しますが、この日は見える場所にいつまでもいました
その後、親の姿も見られなくなり、家族で違う場所へ移ったのでは?
此処のポイント、この時以降ツミに会えていません
f0239515_2002441.jpg

f0239515_204928.jpg

f0239515_2045379.jpg
f0239515_205199.jpg
f0239515_2054933.jpg
f0239515_2072018.jpg
f0239515_2083963.jpg
f0239515_2094922.jpg
f0239515_20102427.jpg

雛が巣立ちしたら雛の水浴びをと思っていましたが残念な事に撮る事は出来ませんでした。
by s_matsu0114 | 2017-07-14 05:00 | ツミ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tontonoyaj.exblog.jp/tb/27968202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by impact4642 at 2017-07-14 07:17
おはようございます☆
気にかかっていましたが、残念な状況になってしまった
んですね、、、
猛禽類でも、大人に成長する過程では、沢山の試練を乗り
超えないといけないんですね、、
姿が見えないとしても、せめて何処かで生活してると
いいなと願いますね☆
Commented by s_matsu0114 at 2017-07-14 20:49
impact4642さん こんばんは
やはり残念な事になりました。
事件の前日までは、ポイント内で雛たちは餌を貰って飛び回ったり
水浴びも見られていたとの事ですが、
親の留守の間出来事なのか?
前日はオオタカを追い払う母親の姿も見られたようですが
安全な場所で子育てをしているといいのですが
<< ササゴイ 遠くでオイカワ漁 2017 アオバズクの巣立ち ... >>